どうかしたら、逮捕?

先日、父親の虐待から子どもを守れなかったという理由で、父親だけでなく母親も逮捕されるという事件がありTVやネットを賑わしました。

お母さんも暴力を受けていたそうなのですが。。。

  

通常の環境に居る人にはわかりづらいことなのかもしれないのですが、一部の専門家が指摘するように、そういった場合、お母さんの判断能力が鈍るということが、実際起こります。

日常的に暴力・暴言などを受け続けることで、「自分には力がない。能力がない。だから逃げたところで生きてもいけない」と、思いこまされるのですね。

  

私も、このお母さんが受けてきたDVに比べると軽いものかもしれませんが、実際にそういった扱いを受けてきた時期がありましたので、そのことがよくわかります。

私の場合、たまたま逃げることができたので助かったのですが、もし逃げずに我慢していたら、子どもたちを守れなかったという理由で私も逮捕されてたのかな?と、この事件の話を聞くたびに思うのです。

  

ただ、たまたま逃げることができたとはいっても、逃げるにも、やはり、条件が必要なんですね。

どんな条件だったか。

相談しに行くエネルギーと逃げるエネルギーがあること

今思ったら、それだけは必要だったのです。

  

最初、多くの人と同じように、私も収入のめどがなかったら生活できないと思っていました。

でも、実際に相談に行ってみるとそうでもないことがわかりました。

ただ、実際逃げるのは自分なので、逃げるエネルギーがないと、実行に移せなかったように思います。

当時の自分が、どうやってそんなエネルギーを補充できていたのか。

・・・そう考えて思い当たるのは、やはり、時々受けていた

DNAアクティベーション

だったのです。

体感はなかった。でも、確実にそのエネルギーが、行動を起こすためのエネルギーになっていた。

  

  

あのころから5年。

今は私がDNAアクティベーションを施せる側になったというのも、きっと意味があってのことなのだと、このことについて考えるたびに思うのです。

今、DVに悩まされてる人が、その現状のまま人生をあきらめてしまわなくてすむように、最大限このツールを使っていきます。

Follow me!