内省

 

 

実は、前回の投稿”清算”には続きがあって、

ブログにするかどうするか迷ったのですが、

書くことにしました。

 

***************

 

好きなゲームのためなら思う存分課金して、その家族への影響も気にならなかった元夫。

そんな彼を引き寄せてしまったのは、自分の中にある何かで、

こんな現実を作り出してしまったのは、自分以外の何物でもないのなら・・・

 

その「何か」って、なんだったんだろう。と思い起こしてみた。

 

夫の趣味に対して理解のある妻でありたかった。

その根底に、自分の自由も許してほしい。という前提。

だから、少々のことは、がまん。

 

さかのぼって、彼にパートナーとして何を求めていたのか、思いだしてみた。

 

一緒に居て楽しい時期というのが、たしか、あった。

一緒にいることがお互いにとって都合がよければそれでよかった。

それ以上を望んでいなかった。

望んだところで簡単には手に入らないと思っていた。

 

まだ、願望実現のための自己啓発とか、あまり縁の無かったころ。

 

高望みとか、するもんじゃないと思っていた。

この数十年、何においても。

 

そうやって生きてたら競わなくて済むし、

あさましさもなく一見謙虚にも見えるし、

自分でもそういうつもりでいたけど・・・

 

よくよく考えたらただの妥協だし、

それって対象にむちゃくちゃ失礼であった。

 

こんなことでも起こらない限り気づけなかった。

すぐに止めなければ。この悪いパターン。

そして「ごめんなさい。もうこんなことしない」という決意とともに、

自分にエンソフィックレイキを流すのでありました。




Follow me!