『豊かさ』って

 

先月からカバラを習い始めた関連もあって、

このところ『豊かさ』についてあらためて深く考えるようになりました。

 

『豊かさ』というと、まずお金を連想してしまうんだけど

・・・って、そんなの私だけだったんでしょうか?

いかがでしょうか?

 

タイムリーにも先月、短期のバイトが終了したところで、

なんとなく試しに、

空いた時間を他の仕事で埋めることもないまま過ごしてみました。

 

春休み中の子どもと何日も一緒に過ごしたり。

実家の母と夜桜を見にも行きました。

ひとりのときでも、せっかく桜きれいだし…と公園へ。。。

4つ葉・5つ葉
久々の夜桜

ソメイヨシノと八重桜が同時に楽しめました

 

ここ10年ほど、この時期毎年忙しくて、ソメイヨシノの下で飲み食いするような、

いわゆるふつうのお花見はできていませんでした。

(ひと段落ついてから休日に子どもと一緒に八重桜を見に行ったりとかはできたんですけどね(^^ゞ )

 

子どもが小さい頃は「子育て中はそんなもの」と割り切っていたけど、

ある程度大きくなってきてからも、時間がないから仕方ない。

お金稼がなきゃいけないんだから仕事は休むわけにいかない。

って、あたりまえのように仕事を優先させていました。

 

でも、本当は仕事休んででもせっかくきれいだから桜を見たかったんだ・・・

って、気づいたのでした。

 

今年のさくらの時期はお金としてはほとんど入ってこなかったけど、

ゆっくり見たいと思っていた桜を思いっきり楽しむことができて、

『豊かなきもち』になれたのでした。

 

お金=豊かさ

なんじゃなくって

お金⊂豊かさ

だったんです。

 

メディアの影響なのか、周囲の人にそう刷り込まれてきたせいなのかは

今となってはわかりませんが、

私たちはいつしかお金ばかりを追いかけるようになっていました。

でも、お金は豊かさの現れの一つの形態に過ぎなかったのです。

 

美しい風景も、

ゆとりを感じられる時間も

心の通う人との幸せなコミュニケーションも

朝、気持ちよく目覚められる健康も、

自分ができることをして誰かに喜んでもらえてうれしいのも、

自分がしたいと思ったことができるのも、

全部、お金と同じく豊かさの一つの形態。

 

現実にはお金を払うことでしか手に入れられないものや受けられない教育やサービスもあるので、

お金がなくても豊かに生きられるというわけではもちろんないのですが、

 

お金を得ることばかりに囚われて、やりたいことをがまんしたり、

他の形の豊かさを必要以上に犠牲にしてしまうのもどうなんだろう・・・?

 

やりたい仕事・得意な仕事をしながら、大切な人とのおつきあいとか、

仕事ではないけどやりたいことにもほどほどのバランスで時間を使える状態が

いちばん豊かで幸せなのかな

・・・という価値観が、自分の中で大きくなってきています。

Follow me!